【京都銀行主催】事業者向けWEBセミナー 受発注のデジタル化 ~DX推進に向けたEDI導入のすすめ~

京都銀行主催の事業者向けWEBセミナーが以下のとおり開催されます。

興味のある方はこちらをご参照願います。

開催
日時
2024年7月17日(水) ※申込締切日 2024年7月12日(金)
セミナー:14:00~15:00(受付開始:13:50)
申込
方法
京都銀行のホームページよりお申し込みください。
https://www.kyotobank.co.jp/houjin/seminar/
開催
方式
オンライン(Webex)
※アクセス方法につきましては、お申込み後にメールにてご案内いたします。
内容講師:
特定非営利活動法人 ITコーディネータ京都
理事長 曽我部 泰博 氏
ITコーディネータ、PMP、厚労省ものづくりマイスター(IT部門)
■経歴
ITベンダーで大企業、中堅企業向けのシステム開発・導入を経験したのち、2013年に独立、ITコーディネータ京都に加入。2022年に理事長就任。京都市のデジタル化推進事業や支援機関を通じて中小企業のデジタル化を支援。

内容:
中小企業の受発注業務では、いまだ電話・FAX・メールが主流であり、電子化していても発注企業ごとに異なる複数のシステムに対応しているため、データをビジネスに活用できていないという状況があります。このような状況が日本全体の業務効率がなかなか上がらない要因にもなっています。
この受発注効率化の課題、その解決策として有効なEDIについて解説します。また、中小企業庁が推進する「中小企業共通EDI」導入の効果についても事例を含めて解説していきます。

■プログラム
1.中小企業の受発注業務の現状と課題
2.EDIの現状
3.受発注業務に革命を起こす「共通EDI」とは
 従来のEDIとの違い
 共通EDI導入事例の紹介
 共通EDI対応ソリューションの紹介
 金融EDI(ZEDI)との連携
4.EDI導入に利用できる補助金の紹介

■おすすめの事業者さま
☑ 大企業・中堅企業・中小企業の経営者、経営幹部
☑ 業務効率改善を検討したいと考えている方
☑ 情報システム管理者
☑ 受発注管理者
定員先着100名さま
参加費無料

※お問い合わせは京都銀行 京銀デジタルコネクト左京(075-366-5330)へお願いします。